日付
場所
カテゴリー

おおがわら桜まつり 2017

清流・白石川と残雪の蔵王連峰を背景に咲き誇る「一目千本桜」は、町のシンボル的存在。
大正12年に、高山開治郎氏の寄贈により、千本余りの桜を植樹。
その姿を目にしようと、開花時期には多くの観光客が訪れます。

○夜桜ライトアップ 午後6時~10時
見頃の時期にはLED特別ライトアップを実施します。

○「お花見屋形船」の運航 午前10時~午後4時
桜まつり会場から下流の韮神堰手前までの往復約2.3kmを約30分かけて運航します。
料金−中学生以上:1,500円、小学生:800円(予約不可)

○観光物産協会売店及び各種出店 午前10時00分~午後5時00分頃

○お花見弁当の販売(全種類) 午前11時00分~午後1時30分頃

最終更新日:2017年3月24日

2017年4月5日 - 2017年4月20日

白石川右岸河川敷公園(大河原橋〜末広橋間)

宮城県柴田郡大河原町

地図
Google マップを開く

コメント