日付
場所
カテゴリー

第38回 霧島国際音楽祭 2017

霧島国際音楽祭は1980年、「霧島国際音楽祭・講習会」の名称で始められました。

1975年、来日中のゲルハルト・ボッセ氏 (当時、東独ゲヴァントハウス管弦楽団第一コンサートマスター) に、鹿児島の教育者が講習会開催を持ちかけたことが発端です。「志があっても留学できない学生のために、優れた音楽家による教育と音楽会を聴ける機会をつくる」ことが目的でした。場所は国立公園に接する温泉観光地・霧島高原が選ばれ、音楽祭の理念には「技術的にも、人間的にも自立できる音楽家を育てること」が掲げられました。

音楽祭誕生のときから「受講生は何年間か霧島で学び、国内外で活躍する音楽家に成長すると、霧島の教授やアーティストとして音楽祭を支える」という伝統が根付きました。行政主導でもハコもの優先でもなく、市民の献身と音楽家の情熱でスタートした音楽祭は、その後の長期不況の中でも、着実に成長してきました。それを支えたのはボッセ氏の「全人格的成長が音楽家を支える」という理念、音楽家たちの「自分を育ててくれた音楽祭への思い」でした。

今日ではアジアを代表する音楽祭として、演奏会の高い質や底辺拡大のための無料コンサート、国外の受講生を含め年々向上する受講生の水準など、高い評価を得ています。

今後も歴史の蓄積を顧みつつも、将来に向かっての更なる発展が期待されます。
(公式サイトより)

最終更新日:2017年6月19日

2017年7月19日 - 2017年8月6日

料金はプログラムにより異なります

[オフィシャルサイト]
http://www.kirishima-imf.jp/index.html
霧島国際音楽ホール

〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3311-29

http://miyama-conseru.or.jp/

地図
Google マップを開く

コメント