SPECIAL EDITION

雪と氷の祭り 2017

1年の中で最も寒くなる1月~3月の日本。各地で冬ならではの雪や氷をテーマとしたイベントが行われます。
雪像、氷像が展示されたり、かまくらを作ったり、楽しむことで厳しい冬を乗り越えます。

日本の冬

北西の季節風が吹いて、日本海側や山岳地帯を中心に国土の約52%が世界でも有数の豪雪地帯となります。太平洋側は、空気が乾燥した晴天の日が多くなります。

2013年1月の都市の平均気温(℃)

  日平均 日最高 日最低
札幌 -4.7 -2.0 -8.0
東京 5.5 9.6 1.8
大阪 5.2 9.0 1.7
福岡 6.1 9.8 2.9
那覇 17.0 19.7 14.3

気温

最低気温:-41.0℃ 北海道 上川地方 1902年1月25日
2013年の最低気温:-31.9℃ 北海道中頓別 2013年1月17日

最深積雪:1,182cm 滋賀県伊吹山 1927年2月14日
1日の降雪量:230cm 滋賀県伊吹山 1975年1月14日
(ともに世界記録)

流氷

北海道オホーツク海沿岸(北半球で海水自体が凍る海の南限)

樹氷

山形県蔵王、青森県八甲田山、八幡平などが有名

日本の冬の自然風景

Time Lapse of Winter Scene (HD 720p)

今回ジャパンアトラクションズは、雪や氷をテーマとするイベントを特集します。
寒い冬は家に閉じこもって運動不足になりがち。イベントに参加して、体を動かしてみては?

お探しのイベントは見つかりませんでした。

>> トップページへ戻る

-