日程・内容等は変更になる可能性があります。事前に主催者・公式サイト等でご確認ください。

日付
場所
カテゴリー

ミュシャとアメリカ

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は50歳の時から約16年かけてスラヴ民族の歴史大連作《スラヴ叙事詩》を制作し、祖国チェコの独立と平和に自身の芸術で貢献しました。本作を実現するために、ミュシャは1904年以降たびたび渡米します。そして1909年に制作のための資金援助をアメリカで取り付け、1910年にチェコに戻って制作を開始しました。
 
 ミュシャの画家としての一大事業《スラヴ叙事詩》を成し遂げるために欠かせなかったのが、彼のアメリカでの経験です。本展では「ミュシャとアメリカ」をテーマとして、ミュシャがパリで有名になるきっかけとなり、また彼の渡米に影響を与えた女優サラ・ベルナールに関連する作品や、《スラヴ叙事詩》の構想を始めるきっかけとなる1900年のパリ万国博覧会に関連する作品、さらにミュシャが渡米していた時期である1900年代の作品など、ミュシャとアメリカに関連する作品をご紹介し、ミュシャにとっての渡米の意義、そして彼の作品や人生に与えた影響を探ります。

最終更新日:2021年1月18日
開催日 2020年11月14日 - 2021年3月21日
時間 9時30分から17時15分(入館は16:30まで)
料金 一般 510円、高校・大学生 310円、小・中学生 100円
URL http://mucha.sakai-bunshin.com/
開催場所 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
〒590-0014 大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F~4F