日程・内容等は変更になる可能性があります。事前に主催者・公式サイト等でご確認ください。

日付
場所
カテゴリー

カランドリエ ミュシャと12の月

“カランドリエ”とはフランス語で暦(カレンダー)を意味します。チェコ出身の芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)はパリ時代、ポスターをはじめとした商業芸術の分野で活躍したことで知られています。しかし一連のポスターや装飾パネルがあまりに有名なため、カレンダーというジャンルはポストカードやメニューとともに付随的に説明されがちです。そこで本展ではミュシャが手がけた多彩なカレンダー作品の魅力にあらためて注目します。またあわせて、季節や行事を描いた作品を多数紹介するほか、現代の私たちと同じく春夏秋冬の中で生きたミュシャの足跡を、彼の生涯における重要な日にスポットライトを当てながら、12の月の流れに沿って展覧します。さらに、ミュシャが生きた時代の大阪・堺の暦と引札(広告チラシ)も紹介することで、暦にまつわる当時の東西文化をよりリアルなものとして体感して頂ければと思います。

最終更新日:2021年3月10日
開催日 2021年3月27日 - 2021年7月25日
時間 9時30分から17時15分(入館は16:30まで)
料金 一般 510円、高校・大学生 310円、小・中学生 100円
URL http://mucha.sakai-bunshin.com/
開催場所 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
〒590-0014 大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F~4F