日程・内容等は変更になる可能性があります。事前に主催者・公式サイト等でご確認ください。

日付
場所
カテゴリー

伝統芸能で旅する京都(栖賢寺)

伝統芸能でタイムトラベル!寺社で能・浪曲・講談・落語の京都を舞台にした古典演目を鑑賞し茶席を楽しむ。

能楽・浪曲・講談・落語の京都を舞台にした古典演目を鑑賞し、茶席を楽しむ。初日は相国寺養源院にて、能楽と浪曲と茶席。能楽は清水寺を舞台にした「田村」、浪曲は五条大橋を舞台にした「弁慶五条の橋」。二日目は栖賢寺にて、講談と落語と茶席。講談は金閣寺を舞台にした「一休禅師」、落語は伏見を舞台にした「三十石」。平安~明治にかけて幾層にも重なる京都の歴史と物語を古典芸能によって体験していただき、京都で現代まではぐくまれてきた茶道を体験することで、タイムトラベルをしているような心持となっていただく。終演後、お客様が演目に出てきた場所に行ってみようと思っていただけるような体験にしたいと考えています。

最終更新日:2020年1月28日
開催日 2020年4月5日
時間 10時半~12時、13時半~15時
料金 一回のみ 6,000円 / 相国寺公演とも 10,000円
URL https://sohnokai.com/kyoto-travels-with-sohnokai/
開催場所 栖賢寺
〒606-0066 京都府京都市左京区上高野水車町