日付
場所
カテゴリー

御寺泉涌寺舎利殿 日本舞踊公演 2018

歴代天皇も篤く信仰された御寺泉涌寺で、今年は今上陛下御在位30年に加え、泉涌寺に仏牙舎利が請来されてから790年にあたり記念を讃え、普段非公開である舎利殿にて一夜限りで日本伝統芸能である日本舞踊が奉納されます。

舞台となる舎利殿は、釈迦の歯(仏牙舎利)を奉安する貴重な霊殿であり、天井には狩野山雪筆の蟠龍図が描かれ、「鳴龍」としても知られています。

普段入る事のできない歴史ある舎利殿での日本舞踊公演。
間近で観賞できる貴重な機会を是非お見逃しなく!

【日本舞踊公演者紹介】
●SENKIKU 日本舞踊家と歌舞伎演奏家によるコラボ
扇寿栄之丞(菊咲栄)
常磐津都代太夫(菊咲仙)
常磐津三之祐(菊咲一)
●日本舞踊家 花柳梅艶香
●花響-はなゆら‐箏・尺八・日本舞踊による若手女性ユニット

最終更新日:2018年10月12日

2018年11月9日

19時~21時

S席 12000円 (正面席1.2列・脇席内陣前例) A席 10000円 (正面席3.4列、脇席内陣2列) B席 8000円(脇席)

[オフィシャルサイト]
https://m.facebook.com/kyoto.ikijo/
御寺泉涌寺 舎利殿

〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27

http://www.mitera.org/sp/