Date
Location
Categories

能代七夕「天空の不夜城」2019

能代には古くから伝統的な夏の七夕行事があります。
文献によりますと、灯籠の形は天保時代に、名古屋城を模した城郭型灯籠が作られ、これが好評で五丈八尺(17.6メートル)もある灯籠を夜明けまで引き廻したとあります。
しかし、時代とともに灯籠の高さが制限され、現在の形になりました。

地域社会の活力が低下してきた今だからこそ、大型灯籠を復活させ、地域の賑わいづくりにつなげたい。私たちのまち能代を元気にしたい。昨年、その一心で「天空の不夜城」を運行しました。
今年は昨年運行した17.6メートルの灯籠に加え、さらに大きな23.5メートルの灯籠も能代のまちを練り歩きます。

一世紀の時を越えて復活する能代七夕をご堪能ください。

Last updated: 11 July, 2019

3 August, 2019 - 4 August, 2019

18:00 - 21:00

From Noshiro city office intersection to Shonanmachi intersection